利用者同士のトラブル

滅多には起こらない

利用している人全てがいい人とは限らない

用心に越したことはない

出会い系サイトで気をつけないのは悪徳業者やサクラメールだけではありません。それは肝心の当事者同士でもある利用者同士のトラブルに気をつけなくてはいけないということです。

出会い系サイトでは滅多にあることではありませんが、利用している人が事件に巻き込まれてしまったという事例も存在しています。

利用者の全てが善い人と言うわけではありません。もちろん99.9%の人が善い人で、健全な出会いを求めていますが、残りの0.1%にも満たない悪人が世の中にはいるわけです。

出会い系サイトが18歳以上でないと利用できなくなった理由の一つとしてやはり若い男女が被害に遭うことが多くてしっかりと目先のことではなくて物事を考えられる人でないと何か遭った時に対処できないという理由で年齢制限がかかっているのです。

何度もいいますが、この利用者同士のトラブルと言うのは滅多にあるわけではありません。むしろ利用しているほとんどの人が被害に遭うことはありません。

ですが、もし万が一でも遭遇してしまった場合はどのように対処していいかわかりませんよね。

ここではそのもしもの時に備えて実際に遭った事件に対してどのようにして対処していいのかを紹介していきたいと思います。これから出会い系サイトを通じて出会うことになった人は一度念のために見ておいてほしいと思います。

↑ PAGE TOP